ログイン中

セイコー

  1. セイコー

セイコーは創業当初から、「精巧な時計作る」という創業の理念のもとに、一貫して時計のあるべき姿を追究し、世界の腕時計の進化と革新を進めてきました。「腕時計の本質を見究め、技術を究める」「世界一・初への挑戦意識」「独創を尊ぶ」という企業姿勢(DNA)を継承し、信頼された時計メーカーとして世界中で愛用されています。

その歴史は、1881年から「服部時計店」という小さな時計店から始まります。
「服部時計店」はおもに中古時計の修繕と販売から事業を開始し、1892年、時計製造工場「精工舎」が設立されました。当初は人力による原始的な工作機械により製造を行なっていましたが、工場設立から約2ヶ月後には、掛時計1ダースの製造に成功したといわれています。まさにこれが、セイコーの時計作りの歴史の幕開けとなります。

1913年には、国産初となる腕時計「ローレル」を完成させ、1956年に日本初の自動巻腕時計を商品「オートマチック」完成させる。更なる技術革新の飛躍として、1960年代、腕時計の機種を広げるとともにセイコーとしての最高の精度を追求する機運が高まり、当時の最高の技術・技能を盛り込んだ、セイコーの頂点モデルとして「グランドセイコー」が誕生する。1969年、セイコーは水晶振動子を使用した世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」を発売し、世界に衝撃を与え、クオーツ時計の一大ムーブメントを引き起こす。1999年には、「スプリングドライブ」という革新的なムーブメントを開発。クオーツと同等の高精度を実現する機械式時計という、世界初で唯一無二の、セイコー独自の次世代の機械式時計が誕生しました。

2012年には、腕時計は宇宙空間にまで発展します。世界初のGPSソーラーウォッチ「セイコー アストロン」が発売される。2014年には、従来の「アストロン」の小型化(約30%軽量化)に成功し、第二世代モデルとして新しく誕生し、現在も技術革新を続け、更なる進化を続けています。

Grand Seiko

ASTRON

PROSPEX

LUKIA

BRIHGTZ

WIRED

PRESAGE

agnes b.

ISSEY MIYAKE

SHOP LISTブランド取り扱い店舗

おすすめのイベント・フェア

BREITLING フェア 2017
BREITLING フェア 2017

2017年11月18日(土)〜12月31日(日)

PageTop