ログイン中

ジン

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジンスペツィアルウーレン」―――日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。パフォーマンスに優れ、機能的かつ技術的に卓越した時計メーカーで、独自のテクノロジーによる時計製作が特徴です。ジン社の時計は知る人ぞ知る名品で、世界中の時計ファンの中では確固とした地位を築いています。

ジン社の歴史は1961年に遡ります。ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、自らの名前をブランドに冠し、フランクフルトでパイロット用の時計を作り始めたのがその発端です。これは時計というより航空機器に近いもので、視認性が良く、機能性が高く、そして堅牢な作りは、プロフェッショナル・パイロットたちのニーズを完璧に満たしていました。
1994年9月にはエンジニアであるローター・シュミットがジン社の経営を引き継ぎました。シュミットはスイスの名門ウォッチブランドの取締役兼製造部門マネージャーとして工程管理、製造、商品開発に携わった人物です。彼がジン社にもたらしたものは、開発と製造での経験と知識だけでなく、絶えざる新しい技術の開発によって成長を持続するというポリシーで、このときジンのテクノロジーの新時代が幕を開けたのです。ジンでは現在、視認性、機能性を最重要視したプロユースなパイロットクロノグラフやダイバーズウォッチ、財政や金融に携わる人のためのファイナンシャルウォッチなど、幅広い製品を展開しています。これらの時計は、「使うためだけの時計」の哲学のもとに開発され、他ブランドには見られない数々のジン独自のテクノロジーを搭載しています。

2012年にはシュミットが提唱したパイロットウォッチの技術規格TESTAF(テスタフ)が完成し、翌年にはこの基準をパスしたパイロットウォッチも含め数々の魅力的な新作を発表。2016年にはドイツでこのTESTAFを元に、ドイツ工業規格(DIN)にパイロットウォッチ規格DIN8330が施行されました。
ジンの時計はダイバーやパイロット、GSG9(ドイツ連邦警察局特殊部隊)などのプロフェッショナルたちも強い信頼を寄せ、過酷な環境の中でその実用性の高さを実証しています。

SHOP LISTブランド取り扱い店舗

おすすめのイベント・フェア

BREITLING フェア 2017
BREITLING フェア 2017

2017年11月18日(土)〜12月31日(日)

PageTop